◆皆さまのよりよい暮らしを法律面からサポートします

 当事務所は,平成16年10月,酒井と山岸が,長野県で生ずる幅広い分野の法律問題に対応できるよう,複数の弁護士が対等の関係で集結する法律事務所を目指して設立し,程なく,この理念に賛同した飯田が加わり,弁護士3名体制でスタートを切りました。
 当事務所は,質の高い法的サービスを迅速,正確,適正に提供できるよう,現在は,5名体制で業務を遂行しており,常に,ご相談をいただいた方のご依頼に複数の弁護士による様々な角度からの検討を経て,対応しております。
 また,弁護士一人ひとりの独立性と得意分野を尊重し,各自が独立して様々な分野で活動しております。

 酒井は,企業法務一般を得意とし,また,スポーツ特にウィンタースポーツ関連の法律問題にも造形が深いばかりでなく,犯罪被害者支援問題に長年携わってきました。

 山岸は,消費者問題を得意とし,信州大学法科大学院で,平成22年3月まで,特任教授として,消費者法,倒産処理の実務を担当し,酒井とともに犯罪被害者支援にも関わってきました。また,平成17年6月より上場企業の社外監査役も務めております。

 飯田は,家事事件,倒産処理などを得意とし,平成22年度は,信州大学法科大学院で消費者法の講義を担当するなど,民事事件を中心に取り扱ってきました。

  これら,創業メンバーに加えて,平成20年12月弁護士登録の今井というフレッシュなメンバーが脇を固めております。
このように,それぞれ,出自が全く異なる4名が,長野県という地域に根ざして,それぞれの得意分野での経験を生かしつつ,他のメンバーとの多角的な検討を経て,皆様に質の高い法的サービスを提供しております。