ながの法律事務所 NAGANO LAW OFFICE

▶サイトマップ

お気軽にお問い合わせください 026-236-1188
お気軽にお問い合わせください 026-236-1188

扱業務


Practice area


個人のお客様のご相談


個人のお客様


金銭関係  お金の貸し借りに関するトラブル等のご相談
お金を貸したのに返してもらえない、又は、借りてもいないお金を返せと請求されているなど、お金の貸し借りでトラブルがある場合に、ご相談ください。

 債務整理等のご相談
借金が生活を圧迫しており返済が難しい場合や、サラ金からの取り立てにお困りの場合に、ご相談ください。

 自己破産の申立て等のご相談
借金を返せなくなった場合、裁判所に申し立てて、借金の返済を免除してもらうことができる制度です。ただし、不動産などの資産がある場合、これらを手放さなくてはならないこともあります。まずは、早期にご相談ください。

 消費者被害等のご相談
振り込め詐欺、マルチ商法、架空請求などの被害にあったと感じた場合、早期にご相談ください。
家庭関係  離婚等のご相談
離婚を考える場合は、ご相談ください。

 DV(家庭内暴力・ドメスティックバイオレンス)等のご相談
配偶者等から暴力を受けている場合に、ご相談ください。

 成年後見制度等のご相談
認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な方の財産を管理したり、介護サービスを受けるための契約を締結する際、判断能力の不十分な方を保護し、支援する制度です。

 相続等のご相談等のご相談
肉親が亡くなり遺産でトラブルになりそうな場合やすでにトラブルになっている場合、あらかじめトラブルにならないように遺言を残したいという場合に、ご相談ください。
刑事事件  少年事件等のご相談
未成年者(20歳未満の者)の犯罪については、成人と異なった取扱いがなされます。

 刑事事件等のご相談
刑事事件を起こしてしまった場合や、肉親が逮捕されてしまった場合などに、早期にご相談ください。

 犯罪被害者支援等のご相談
犯罪によって傷ついた被害者の方に対して、適切なサポートを行います。
その他  不動産等のご相談
土地や建物の取引に関するトラブルについて、ご相談ください。

 労働等のご相談
職場で遭遇するさまざまな問題について、法的な対応をいたします。まずは、ご相談ください。

 交通事件等のご相談
事故の相手方や保険会社との交渉等を行います。

 医療過誤等のご相談
医療過誤に該当するか否かの判断はとても難しいものですが、医療過誤にあったと感じたときに、まずはご相談ください。